Advisor

[監修] 住環境コーディネーター他

花井 千赴

リノベーション・不動産・新築・エクステリアをワンストップで手掛ける
株式会社ユニテ 代表取締役社長

ジメジメした湿気をなくす除湿方法6選!梅雨〜夏を快適に乗り切ろう

湿気

「ジメジメした湿気が鬱陶しい!」
「どうすれば湿気をなくし、快適に過ごすことができるのだろう…」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

梅雨〜夏にかけてのジメジメした鬱陶しい湿気は、実は身近なものを利用して簡単に取り除くことができるのです!

湿気を取り除くのに効果的な除湿方法は6種類あります。
6種類の除湿方法について、次の表にまとめてみました。

方法どうして効果が出るのか特にこんな時におすすめ
①換気をする家の中の湿気を含んだ空気を外に逃がすことができるから
  • 部屋の湿気が気になる
②調湿剤を使う空気中の余分な湿気を吸収してくれるから
  • 部屋の湿気が気になる
  • 家具にかびが生える
③冷凍ペットボトルを使うペットボトル内の水分を凍らせることで空気中の余分な水分を冷やし、結露にすることで湿気を取り除くことができるから
  • 就寝時の湿気が気になる
  • ペットが寝苦しそう
④除湿機・エアコンの除湿モードを使う湿気を含んだ空気を
  • 部屋の湿気が気になる
⑤除湿剤を使う空気中の湿気を吸収してくれるから
  • 密閉された空間(タンスやクローゼット、靴箱)のカビが気になる
⑥家具の置き方を変える家具と壁の間に隙間をつくることで空気が通り、湿気が滞留しにくくなるから
  • 家具にカビが生える

今回は上記の6通りの方法に加え、

  • 湿気が溜まる原因
  • 人間が快適に感じる湿度の基準

も合わせてご紹介しましょう。

この記事を最後まで読むことで、身近なものを活用して湿気を取り除く方法を理解し、快適に過ごすことができますよ。

快適に感じる湿度はどれくらい?

まずはじめに、人が快適に感じる湿度はどれくらいなのか知っておきましょう。

人が快適に感じる湿度は45〜70%の間だと言われています。しかし、快適に感じる湿度は実際のところ季節によっても変動します。

目安としては、次の表の通りです。

季節適正湿度
70%前後
50%前後
65%前後
45%〜65%前後

適正な湿度を詳しくチェックするなら、こちらの記事も参考になります。

簡単にできる部屋の除湿方法6選

続いて、身近なものを活用して簡単にできる部屋の除湿方法を6つご紹介します!

  • 換気をする
  • 調湿剤を使う
  • 冷凍ペットボトルを使う
  • 除湿機・エアコンの除湿モードを使う
  • 除湿剤を使う
  • 家具の置き方を変える

いずれもすぐに取り組めるものばかりなので、ぜひ湿気対策として今日から取り入れてみてください。

除湿方法①換気をする

手軽にできる除湿方法として、換気は非常に有効です。頻度としては1時間に10分程度、窓を10cmほど開ける程度で大丈夫です。
部屋の中に留まっている湿気を逃がすことができますし、感染症の時期ならウイルス対策にもなるでしょう。

この時、開ける窓は一箇所ではなく、通りに道をイメージして対になる窓を開けることをおすすめします。

また、湿気が強い時にはサーキュレーターや扇風機を併用して部屋内の空気を循環させるとより効果的です。

除湿方法②調湿剤を使う

部屋の除湿には調湿剤も有効です。調湿剤とは、空気中の余分な湿気を吸収し、乾燥している時には吸収した湿気を放出してくれる素材のことで、シリカゲルや炭などの素材を使った調湿剤が多く販売されています。

調湿剤を部屋に置いておけば、特に手入れをしなくても人にとって快適な湿度に調整してくれるため、非常に便利です。
部屋に置くだけでなく、一戸建てなら床下や天井に調湿剤を設置しても良いでしょう。

特に、通年で湿度が高い島根県出雲市で9軒に1軒の割合で導入されている『炭八』は非常に人気が高い調湿剤です。良質な木材を使用し作られているので、体にも優しいのがポイント。

呼吸器が弱い高齢の方や、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使用できます。

除湿方法③冷凍ペットボトルを使う

冷凍ペットボトルが除湿方法として有効なのはご存知でしたか?冷凍ペットボトルで除湿できる仕組みとしては、ペットボトル内の液体が凍って冷たいところに、空気中の湿気が付着して冷やされ、結露になるからです。

この時、凍らせたペットボトルの下に受け皿を置いておくと良いでしょう。結露になった湿気が受け皿に溜まっていくので、周囲がびしょ濡れになるのを防ぐためです。

部屋全体の湿気を取り除くことは難しいですが、設置した周辺の余分な湿気を取り除いてくれます。
就寝時に枕元に設置したり、犬や猫などのペットがいる家庭なら近くに行きやすい場所に設置してあげると熱中症予防にもなるのでおすすめです。

除湿方法④除湿機・エアコンの除湿モードを使う

今すぐ手軽に除湿をするなら、除湿機やエアコンの除湿モードを活用すると良いでしょう。
ボタンひとつで簡単に除湿効果を感じることができるはずです。

除湿についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

★除湿とは

除湿方法⑤除湿剤を使う

たんすやクローゼット内、靴箱の中のカビが気になる場合は、除湿剤を活用すると良いでしょう。除湿剤とはスーパーやドラッグストアに販売されている、限られたスペースで効果を発揮する素材のことです。

除湿剤は狭くて密閉されている空間の除湿をしたいなら、除湿剤を使うのが効果的
具体的には、下記のような場所です。

  • たんす
  • 押し入れ
  • クローゼット
  • 靴箱

除湿剤と先に挙げた調湿剤は似通っている部分もありますが、大きく違うのは『調湿性能』があるかないかです。除湿剤は空気中の湿気と融合して水分に変わったり、ゲル状の素材の中に湿気を溜め込むものが多く、吸収した湿気はレンジで加熱したり天日干しをしないと再利用することはできません。しかし、調湿剤は特にお手入れをしなくて自動で放出と吸湿を繰り返してくれるのです。

調湿剤と除湿剤の違いを表にまとめてみましたので、選ぶ参考にしてみてください。

調湿剤除湿剤
  • 空気中の湿気を吸収し、乾燥している時は放出する
  • 半永久的に使用可能
  • 部屋全体など、広範囲でも使える
  • 空気中の湿気を吸収するが、乾燥している時に放出しない
  • 使い捨てタイプと繰り返し使用できるタイプがある
  • 狭くて密閉された場所で効果を発揮する

除湿方法⑥家具の置き方を変える

家具の置き方を変えるだけでも除湿効果が見込めるのでおすすめです。
本棚やタンスなど、大型の家具が置かれている場所は湿気が滞留しやすく、カビの原因になることも。

壁から家具を少しだけ離して設置するだけで空気が循環しやすくなるため、滞留する湿気を防ぐことができます。
定期的な換気や除湿剤、調湿剤と併用して行うとより効果的です。

そもそも湿気が溜まる原因は?

そもそも、部屋の中に湿気が溜まる原因とは何でしょうか。
部屋の中に湿気が溜まる原因として、主に次の7つが挙げられます。

  • 結露
  • 雨水
  • お風呂場や洗面所、キッチンなどの水回り
  • 耐震構造によって溜まる湿気
  • 地面から昇ってくる湿気
  • 洗濯物の部屋干し
  • 床下の換気口から昇ってくる湿気

雨水や冬場に気になる窓ガラスの結露、お風呂場や洗面所、キッチンなどの水回りで発生する水気も湿気の原因になります。また、建物上の原因としては耐震構造で機密性が高くなったため湿気が上手に逃げていかなかったり、一戸建てやアパートの一階などにお住まいの場合は床下から昇ってくる湿気が原因のことも。

また、洗濯物の部屋干しなども、充分部屋に湿気が溜まる原因に。
>湿気についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

まとめ

いかがでしたか。ジメジメした嫌〜な湿気は、身近なちょっとした工夫で取り除くことができるのです。

部屋の中で溜まる湿気を取り除くには、換気や除湿機・エアコンの除湿モードを活用するのが効果的です。就寝中や限られたスペースで除湿するなら冷凍したペットボトルを置いておくだけでも良いでしょう。また、密閉された狭い空間で除湿するなら除湿剤を活用するのもおすすめです。

もっともおすすめできる手軽な除湿方法としては、調湿剤を部屋に設置してしまうことです。空気中の湿気を吸湿し、乾燥している時は湿気を放出してくれます。お手入れの手間がなく、半永久的に使用できるのでコストパフォーマンスが良いのもおすすめのポイントです。

自分に合った方法で除湿をし、快適に夏を乗り切りましょう!

調湿剤を導入する

グラニーレ編集部

18,916 views

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。